めまいを伴う病気|耳鼻科の受診で早期発見

vertigo disease

頭がくらくらするのはなぜ

脳や耳の病気が原因です

めまい

めまいには様々なタイプのものがあります。大きく分けて回転性、浮動性、そして立ちくらみのようなタイプの3種類があります。回転性とはその名の通り、ぐるぐる回っているようなめまいのことで、難聴や耳鳴り、吐き気を伴うこともあります。耳の病気や脳疾患で起こることが多いです。浮動性というのは、体がふわふわうわつくようなめまいのことです。脳の疾患が原因で起こりやすく、頭痛やしびれ、まひを伴うことがあります。それから立ちくらみのような感じで起こるめまいは、立ち上がったり、あるいは目の前が暗くなったりし、失神することもあります。血圧の変動と共に起こることが多く、特定の部位の病気というよりは、全身性の病気が原因であると考えられます。

治療は薬が中心になります

めまいの治療には様々な方法が用いられますが、メインとなるのはやはり薬物による治療です。抗めまい薬や吐き気止めの他、中耳炎などの炎症が原因で起こるめまいには、それを抑える薬が用いられます。また症状によってはリンパ液によるむくみを抑える薬や、抗不安薬などが処方されることもあります。しかしこういう方法を用いても治らない時は、手術などの外科的な治療方法が採られることもあります。その他にも頭を動かしたり、特定の位置に持ってきたりすることで回転性のめまいが起こる、良性発作性頭位めまい症という病気があります。この場合は、内耳にある耳石という石がはがれることでめまいが起こりますので、はがれた耳石を、元にあった場所に戻す治療が行われます。

Copyright ©2015 めまいを伴う病気|耳鼻科の受診で早期発見 All Rights Reserved.

This template downloaded from: freewebsitetemplates.com